FC2ブログ

極楽マッサージツアー

究極の「極楽マッサージ」を求め、世界中を旅する「プンプイ」の体験記です。

プロフィール

プンプイ

Author:プンプイ

特に取り柄のない
ごく普通の中年サラリーマンです。

少しだけ謎めいた男を目指し、
日々精進しています。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

アジアのホテル極楽体験記
中国大連観光指南
姉妹サイト
血糖値 690 からの生還
カテゴリー
最近の記事
全ての記事
月別アーカイブ

楽しいマッサージ ~ ラオス・ビエンチャン

2007.11.06

category : ラオス

ビエンチャンのマッサージは,
「ハーバルサウナ」に入った後,おこなうのが一般的だ。
「ハーバルサウナ」とは,薬草を使ったスチームサウナのことである。

体にタオルや布を巻いて入るのであるが,
個人的に苦しくてサウナには長い時間入っていることができないため,
あまり利用していない。

今回紹介するのは,サウナ抜きのマッサージである。
60分で全身マッサージ~3$。。。

場所は,Vayakorn House からまっすぐメコンに向かい,
メコンに突き当たったところのすぐ右手にある。

ゲストハウスから近いので結構利用しているが,
この日のマッサージは,なんだか楽しかった。

今回のお相手は,アンさん。
ラオ語しか話せないので意思の疎通は難しかったが,
モン族出身だということはわかった。

lao11.jpg

うつぶせからのスタート。
しばらくすると,

「くっ,くっ」   「くっ,くっ」

「ん?何?」

その後も規則的に 「くっ,くっ」

と聞こえてくる。小鳥のような声だ。
思わずアンさんを見てみると,にこっと笑顔。
手を休めることもなくマッサージが続く。

そのうち,「ヒッ,ヒッ」  「ヒッ,ヒッ」
と声のトーンが変わってきた。

どうやらしゃっくりが止まらないようだ。

「だいじょうぶ?」 と私。

「OK,OK!」 と言ってマッサージが続く。

アンさんのマッサージの基本は指圧のようなのだが,
しゃっくりをするたびに指に力が入る。

「ヒッ,ヒッ」  「ヒッ,ヒッ」

思わず笑ってしまった。
指の力のいれ具合と,しゃっくりのリズムが見事にマッチし,
それが絶妙なバランスで,私を攻撃してくるのだ。

気持ちいいというかなんだか愉快で楽しい。
途中でおどかして,しゃっくりを止めてやろうかと思ったが,
何とも言えず奇妙なマッサージで,
そのまま小一時間,アンさんとの楽しいひとときを過ごした。

上の写真は,マッサージが終わった後撮らせてもらったが,
このときはまだしゃっくりは止まっていなかった。

いくら何でももう止まっていることだろう。
近々会いに行ってみたい。。。


<MIXAY MASSAGE>
TEL :     020-514-380
営業時間 : 14時~24時





comment(0) 

[Edit]

ラオス・ビエンチャンの休日

2007.11.05

category : ラオス

私は普段酒は飲まないのであるが,
ここラオスに来ると何故か飲みたくなる。

Vayakorn House から歩いてすぐの所に,ちょっとしたCafeがある。
そこでラオビールをいただくのが習慣となっている。

lao8.jpg

酒の味もわからない私であるが,このラオビールは,お気に入りである。

lao9.jpg

食事もここラオスでは軽くすんでしまう。 あまり動かないからか。。。

lao10.jpg

自動車も最近増えてきたような。。。
少しずつ変わりつつあるラオス。
しかし,バンコクのようにはなってほしくない。

lao5.jpg

ラオスに特徴はないと書いたが,
唯一最大のシンボルは,「タートルアン」である。
ビエンチャンに寺院は数多くあるが,
中でもこのタートルアンは,ひときわ輝きを放っている。

lao6.jpg

その起源は紀元前3世紀にまで遡ると言われている。
1回は散歩がてら,トゥクトゥクにでも乗って行ってみたらいい。
目が覚めるような金色で,晴れた日には,まぶしくて見ていられないほどである。

次回へと続く  


comment(0) 

[Edit]

ラオス・ビエンチャンへ

2007.11.04

category : ラオス

ラオスを訪れる人の多くは,首都ビエンチャンではなく,
世界遺産に登録されている
「ルアンパバン」に向かうのではないだろうか?

プーシーの丘から町並みが一望でき、
ルアンパバン名物でもある夕陽は荘厳で魅力的だ。
私のお気に入りの場所の一つである。

さて,ビエンチャンへは,バンコクから航空機で移動するのが一般的である。

lao1.jpg

ラオス航空なら,毎日3便が運行している(2007年11月時点)。
http://www.jumping-lao.com/air/


ビエンチャンでの私の定宿は,
Vayakorn House というゲストハウスだ。
1泊 20万キップ。日本円で2300円程度。
(ラオスでは,タイバーツやドル紙幣も使える。)

lao2.jpg

小さな机とベッド。 もちろんTVなどはない。

lao3.jpg

浴室にはバスタブはなく,簡易シャワーがあるのみ。
他の土地ではもう少し豪華なホテルを選択するのであるが,
ここでは,こういう質素なゲストハウスが似合う。

主人はフレンドリーだし,多少の無理もきく。
のんびり心の洗濯ができるのが,
ここ,ビエンチャンなのである。

次回へと続く。。。  

comment(0) 

[Edit]
WORLD TIME

只今のマーケット
レートウォッチャー
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード
イチ押し!!青春野球ドラマ
リンク
人気記事ランキング
AKi
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日はどちらへ?
毎日1回の運試し・・・
ブログ内検索

Copyright ©極楽マッサージツアー. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.