FC2ブログ

極楽マッサージツアー

究極の「極楽マッサージ」を求め、世界中を旅する「プンプイ」の体験記です。

プロフィール

プンプイ

Author:プンプイ

特に取り柄のない
ごく普通の中年サラリーマンです。

少しだけ謎めいた男を目指し、
日々精進しています。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

アジアのホテル極楽体験記
中国大連観光指南
姉妹サイト
血糖値 690 からの生還
カテゴリー
最近の記事
全ての記事
月別アーカイブ

開眼 ~ バンコク・有馬温泉 1

2007.10.24

category : タイ



 今年の8月,12年ぶりにバンコクの地に降り立った。
 10回以上の訪タイとなるが,
 スワンナプーム国際空港は初めてだ。
 やはりドンムアン空港が懐かしい。
 
 タクシーをとばし,ホテルにチェックイン。
 いつもなら早速バンコクの町を徘徊し,
 極楽マッサージを堪能するのだが,

今日はまずはじめに行っておかなければならないところがある。   
パッポンのそばにある「有馬温泉」だ。
話しは,私が22歳の春に遡る。

その頃,大学の卒業旅行の渡航先は,インドやネパール,タイに人気があった。
私も流行に後れまいと親友のMとタイに卒業旅行に行くことにした。
よくある5日間程度のパック旅行で,寺院巡りや,おかまショー,
ムエタイ観戦など。。。チェンマイまで足を伸ばしたので,
かなりの強行日程だった。

我々二人にずっとついてくれた中国系のタイ人ガイド,チンさん曰く,
「女を買わない日本人はお前たちぐらいだ」。。。。。。
要するに我々は,教科書通りの正しい観光旅行をしていたのである。

最終日の夜,チンさんにマッサージに誘われた。
タイのマッサージは,「古式マッサージ」と呼ばれており,
今から2500年前に
インドから仏教やインド文化とともにタイへと伝えられたと言われている。
タイでは,かなり有名で,私もガイドブックなどで知識だけはあった。

どうせくすぐったくなるだけだとあまり気乗りはしなかったが,
Mがめちゃくちゃ乗り気になり,まあ社会勉強ということで,
チンさんに従った。

案内されたところが,「有馬温泉」。
名前からして怪しげであり,日本人をターゲットにしていそうな店である。
二人部屋に案内され,マッサージ嬢とご対面。

今回のお相手は,ナン?さん。年はどうみても50を越えている。
中日ドラゴンズの落合監督夫人をイメージしてもらえればいいと思う。
隣のMのお相手は,やはり中年の女性。
しかし,Mはかなり興奮しているようだ。

私はと言えば,このあとやってくるであろうあのくすぐったさに
身を固くしていた。
大きなパジャマほどの衣服に着替え,マッサージ開始。

仰向けになり,やはり足からだった。
無言の落合夫人。黙々と足を揉んでくる。

「ん? 何これ?」    

次回へ続く。。。。   

関連記事

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
[Edit]
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
WORLD TIME

只今のマーケット
レートウォッチャー
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード
イチ押し!!青春野球ドラマ
リンク
人気記事ランキング
AKi
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日はどちらへ?
毎日1回の運試し・・・
ブログ内検索

Copyright ©極楽マッサージツアー. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.