FC2ブログ

極楽マッサージツアー

究極の「極楽マッサージ」を求め、世界中を旅する「プンプイ」の体験記です。

プロフィール

プンプイ

Author:プンプイ

特に取り柄のない
ごく普通の中年サラリーマンです。

少しだけ謎めいた男を目指し、
日々精進しています。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

アジアのホテル極楽体験記
中国大連観光指南
姉妹サイト
血糖値 690 からの生還
カテゴリー
最近の記事
全ての記事
月別アーカイブ

開眼 ~ バンコク・有馬温泉 3

2007.10.26

category : タイ

落合夫人から

「プンプイ」

という名誉ある名前をいただいたが,
その後,1回しか有馬温泉に行っていない。
2度目も落合夫人にお相手を願いたかったのであるが,
残念ながら二度と会うことはできなかった。。。


今回の訪タイでは,是非とも,
自分のマッサージの原点にもう一度立ち返ってみたかったのである。

しかし,行ってみてびっくりした。
20年ぶりなので,当たり前と言えば当たり前なのだが,
最初ここが有馬温泉とは,気づかなかいほど
変わっていた。

あの古くささ,いかがわしさは消え,
まるでどこかのエステに来たようだった。
受付にメニューまであり,当時,マッサージの料金を心配し,
びびっていた頃が懐かしい。

明朗会計。
初心者や女性に十分お勧めできるような店に変身していた。
下記のようなメニューもあった。

顔面マッサージ 600B
垢すりサウナ   500B
耳そうじ      280B
爪切り磨き    150B


シャワールームまである。いったいどうしてしまったんだ!!
肝心のマッサージであるが,
2時間400Bと倍の値段になっている。
マッサージ嬢も ずいぶん若返っていた。

しかし。。。
やはり自分にとっては,
薄暗い怪しげな部屋で,落合夫人にやってもらうマッサージが
極楽マッサージであったのかもしれない。
私の極楽マッサージを探す旅は続くのである。

<有馬温泉>

住所 : 37/10-11 Soi Suriwongse Plaza, Surawongse,
      Suriyawongse, Bangrak,
(タイ語) : 37/10-11 ซอย สุรวงศ์ พลาซ่า ถนนสุรวงศ์ กรุงเทพฯ
電話番号 : 0-2632-7041
営業時間 : 09:00-01:00




関連記事

コメント

怪力!有馬温泉

有馬温泉の力強いマッサージのファンの一人です。バンコクに到着したらその日のうちに必ず行きます。肩がこっている時には有馬温泉の怪力のおばちゃんのことを思い出します。

2009.02.19  kenmorehills  編集

二色テグリさん。驚かせてしまってすみません。
恐らく,
投資・FX系のブログを想像されたことと思います。
オプションは,日足で時間的優位性を戦略にして
まったりとやっています。
結構勝てますよ。個人的には,
FXのほうが難しいような気がします。
その辺も今後ブログ等で紹介できたらと思います。

2008.05.28  プンプイ  編集

プンプイさん初めまして。kazさんのコメントから飛んで来ましたが、ブログの内容が想定していたのと違っていたのでびっくりしました。
でも行ったことのある有馬温泉の記事で反応してしまい、こうして書き込んでおります!(^^)!
日経等でいい情報がありましたら、またお教えください。

2008.05.28  二色テグリ  編集

luntaさん。ご訪問ありがとうございます。
やはりタイマッサージは私の原点です。
また行きたくなってしまうなあ。

2007.11.16  プンプイ  編集

はじめまして。
ブログランキングからこちらに迷い込みましたマッサージ好きです。
私もつい最近、有馬温泉に行ってまいりました。
パワフルなおばちゃんにしっかりもまれて、でもおかげで翌日は背中がしゃっきり。タイ・マッサージはやめられませんよね。

2007.11.16  lunta  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
[Edit]
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
WORLD TIME

只今のマーケット
レートウォッチャー
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード
イチ押し!!青春野球ドラマ
リンク
人気記事ランキング
AKi
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日はどちらへ?
毎日1回の運試し・・・
ブログ内検索

Copyright ©極楽マッサージツアー. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.